FC2ブログ
「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?スポンサー広告
> コンピューターウイルスとは一体何だろうか?> 「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?● 知っているようで知らない言葉
> コンピューターウイルスとは一体何だろうか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
人間の身体の場合、何らかのウイルスなどが入り込むと・・・
悪寒がする、喉が痛い、鼻水が出る、セキが出る、タンがからむ、熱が出る、吐く、下痢するなどなどの身体的症状が出ますよねー。

じゃあ・・・!
コンピュータウイルスに感染しちゃった場合は、どーなっちゃうんでしょーか???
そもそも、何をどうしたら感染して、何をどうしたら感染しないんでしょーか???

ってなワケで・・・

「製品やサービスを提供する側の責任って何だろうか?」 の続きのよーな、続きでないよーな記事を少しばかりカキカキしてみよーかと。

いやなに、その記事の中にも書いてましたが・・・

「ウイルスがどういうもので、感染したらどうなるのかもわからない」
「ナントナーク危険なのは知っているつもりだが、何をどうしたら良いかわからない」
「情報は氾濫しているものの、見てもわからないし、どの情報が自分に必要なのかわからない」
「全然わかっていないのに、誰に何をどう聞いたら良いかすらわからない」
「いまさら、こんなコトを質問するのも恥ずかしい・・・」


などなどの悩み声をお聞きして・・・

もしかして同じように悩んでいる方もいらっしゃるのでは?
それがわからないから、製品やサービスを提供する事業者側の責任が果たせないのでは?


と感じたもんで・・・
超バックリ & 簡単にカキカキしてみよーかと。(^^)
何かのお役に立てたら嬉しいですぅぅぅ。
(ご存知のコトばっか or 全然お役に立たなかったら、すみませんっっ)


● そもそも、コンピュータウイルスって何さ?
パソコンなどに入り込んで悪さをする、悪質なコンピュータプログラムのコトです。
ウイルスという名前の通り、色んな方法で自己増殖をするタチの悪いヤツです。
あ、但し、人間には感染しませんので・・・


● コンピュータウイルスとかがパソコンに入っちゃうと、どうなっちゃうの?
先述したとおり色んな悪さを引き起こすので、大迷惑 & 被害を被ります・・・。
それも、自分だけではなく顧客や友人などにも多大なる被害をもたらします。
ヘタすりゃー賠償責任を問われちゃいます。
例えば、こんな感じでしょーか。

・パソコンのスイッチを押しても、うんともすんとも言わなくなる or 英語のへんなメッセージが出て来る
・パソコンを使おうと思っても、フリーズだの強制終了だので使い物にならなくなる
・ワケのわからんメッセージが、突然出て来るようになる
・ホームページを見ようとしたら、ワケのわからんページに勝手に移動されちゃう
・設定を変更した覚えがないのに、勝手に変更されちゃってる
・保存しておいたファイルやデータを消されたり、ブチ壊されたりする
・パソコン内のアドレス帳や過去にメールしたことがある履歴を無断利用され、顧客や友人などに対して自分の名前で勝手にウイルスをばらまかれる
・やたらめったら、ヘンなメールが来るようになる
・ネットバンクやネット通販、クレジットカードなんかで使用しているパスワードを盗まれて、勝手に金を引き出されたり買物されたりする
・知らぬ間に他人を攻撃するための踏み台に使われ、意図せず犯罪に加担してしまう


● ウチなんて狙ったって意味ないんじゃいね?
人間の世界でのウイルスの場合、金持ちだとか貧乏だとか、どこの国籍だからとか、時短勤務だとかフルタイム勤務だからとかで、ウイルスが選んで感染するワケじゃーないですよね?
ワクチンを打っていなければ、たちまち対象になってしまいますよね?
うがいや手洗いなどをやっていたとしても、カンペキってのは有り得ないですよね?

コンピュータウイルスもそれと同じです。
新しいパソコンを使っていても古いパソコンを使っていても、1週間に1回しかパソコンを使っていなくても、ほんの数秒しかインターネットに接続していなくても、対策を怠っていれば確実に感染します。
なので、「ウチだけは大丈夫」というのは全く通用しません。


● コンピュータウイルスって、どんな種類があるの?
めちゃくちゃいっぱい種類があります(汗)。
以下例としてカキカキしたものは、厳密に言うとウイルスとは言えないものも含んでますが、バックリ紹介なのでウイルスの中にまとめて書いちゃいまーす。
因みに最近の傾向として、複数種に属するようなのもあります。

・ワーム型
ウジ虫のように這いずり回って自己増殖を繰り返すことから名づけられたウイルスです。
メールやUSBメモリなどを介して、パソコンからパソコンへとガンガン感染して行きます。
人間の世界で言うならば、飛沫感染とか接触感染並みでしょーか。

・マクロウイルス型
マイクロソフトのエクセルやワードなどでは「マクロ機能」というものがありますが、それを悪用してつくられているものです。
マクロウイルスの含まれたWordやExelのファイルを開くと、マクロウイルスが自動的に実行されて感染してしまいます。

・トロイの木馬型
ギリシャ神話のトロイの木馬と同じようように、見た目は便利そうだなー面白そうだなーって感じのソフトやゲームに見せかけてあるヤツです。
ダウンロードして実行してしまったが最後。
データを消去したり、個人情報を外部に漏らしたりするタチの悪いヤツです。
潜伏期間があるものも存在するので即発症するとは限りませんが、発症したら相当悲惨な目に遭います。
但し、ワームとは違って自己増殖はしません。

・ボット型
「ロボット」を略したのが名前の由来です。
感染すると、自分のパソコンなのに知らず知らずの内に第三者の操り人形になっちゃいます。
攻撃者が勝手に入り込んで来て、自分の名前で大量の迷惑メールを送信しまくったり、どこかのホームページを攻撃しまくったり、 他人の個人情報や企業情報を盗みむなどのスパイ活動をさせられたり・・・と、かなーり恐ろしいです。
犯罪者の忠実な下僕になってしまい、犯罪行為に加担させられちゃいます。
それも、世界的な犯罪に・・・(滝汗)。
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


● コンピュータウイルスの感染経路って?
電子メール、ホームページの閲覧、ソフトのダウンロードと実行、USBメモリやフロッピーディスクなどの外部媒体など、多くの感染経路が存在します(汗)。
メールもしてないし、ホームページも見てないけど、インターネットに接続しているってだけのパソコンでも、ものの数秒で感染しちゃいます。
ヘンなホームページを見ていないから大丈夫!って思っていても、大企業や政府のホームページからウイルスをもらっちゃう場合もあります。
※インターネットに接続されているパソコンでなくても、対策が必要です


● じゃあ、感染予防のためにはどうすればいいのさ?
人間の場合は、ワクチンを打ちますよねー。
それと同じで、パソコンの世界では「ウイルス対策ソフト」というものがあるので、それを使います。
各社が無料・有料でウイルス対策ソフトを提供しているので、参考までにいくつか紹介しておきまーす。

【無料のもの】
オンラインスキャン
トレンドマイクロ社が提供している無料チェックツールです。
ウイルス対策ソフトはまだ使っていないけど、とりあえずウイルスに感染しているか調べたい場合等に使えるスグレモノです。
但し、サポートは一切受け付けてもらえないため、完全自己責任です。
また、あくまでも一時的なチェックツールなので、ウイルス対策ソフトを使用することを強くオススメします。

Security Essntials
Microsoft社の無料ウイルス対策ソフトです。
但し、インストールや使用マニュアル等は英語のみです。
問い合わせに関しては日本語でも可能なようですが、電話などは不可でホームページからの問い合わせのみです。
参考記事も併せてご覧下さいませませっっ

AVG Anti-Virus Free Edition
AVG Japanという会社が提供している無料のウイルス対策ソフトです。
個人向け製品で、1台のパソコンでのみ使用可能です。
サポートは一切受け付けてもらえないため、完全自己責任です。

AVG Anti-Virus Free Small Business Edition
同じくAVG Japanが提供している無料ソフトです。
パソコン台数が5台までであれば使用可能です。
サポートは一切受け付けてもらえないため、完全自己責任です。

【有料のもの】
ウイルスセキュリティゼロ
ソースネクストという会社が提供しているソフトです。
通常、ウイルスソフトメーカーに対して毎年更新料を払う必要がありますが、この会社では「更新料不要」をセールスポイントにしています。
つまり、ソフト購入時の出費のみで済むという意味です。
個人向け製品で、1台のパソコンでのみ使用可能です。
サポートについては、電話・チャット(リアルタイムのメールみたいなもの)・メールなどが使用できるようです。

ウイルスセキュリティ1年版
同じく、ソースネクストという会社が提供しているソフトです。
同一世帯、または同一法人であれば、3台のパソコンまで使用可能です。
サポートについては、電話・チャット(リアルタイムのメールみたいなもの)・メールなどが使用できるようです。

ウイルスバスター
トレンドマイクロという会社が提供しているソフトです。
初心者に比較的人気があります。
1つのライセンスで3台のパソコンまで使用可能です。
1-3年間契約の中から選べます。
また、初心者向けに24時間365日サポート + 不正使用時等における保険プランも用意されています。


● ウイルス対策ソフトさえ入れたら万全だよね?
いやいや・・・、それはかなーり違います。( ̄▽ ̄;)
人間の世界と同じで言うと、ウイルスってのは新種が次から次へと出て来るもんですよねー。
となると、新しいウイルスに対抗するためのワクチンってもんが必要になりますよねー。

コンピューターの世界でも、それは同じです。
なので、使用しているウイルス対策ソフトをマメに更新(ワクチンゲットみたいなもんw)し、最新の状態にしておかなければヤバイっす。

んでもって・・・
USBメモリなどの外部媒体を使う時や、なんらかのファイルやソフトをダウンロードした時などなどには、ウイルス対策ソフトでウイルスがくっ付いていないか必ずチェックする必要があります。

まとめると・・・、こんな感じでしょーか。

・ウイルス対策ソフトを、常に最新の状態に保ち
・外部から何らかのファイルやソフトを入手した時は、必ずチェックする
・定期的にパソコンの中のファイル類をスキャンし、ウイルスに感染していないかチェックする

因みに・・・!!

ウイルス対策ソフトというのは、最低限必要なセキュリティ対策です。
つまり、ウイルス対策ソフトさえ入れていれば万全!ってコトは全くありません。

※コレについては、その内気が向いた時にでもカキカキしますね~っっ


新型インフルエンザのパンデミックと同じように・・・

誰か一人が感染すれば他の人にもうつしてしまい、それが止まらなくなって世界的な大流行を引き起こすのは、パソコンの世界でも同じです。
恐ろしいのは、人間の世界のパンデミックよりもはるかに感染のスピードが速いってコトです。
つまり、被害者になると共に加害者にもなりえる確率が非常に高いってコトで・・・。
「自分さえよければそれで良い」ってもんじゃー全くありません。

知らなかったでは済まされないですもんね・・・。
何かあってからでは、遅いですもんね・・・。
特に、顧客の情報を預かる事業者は要注意なんじゃーないかと・・・。




★★★ランキングに参加しています。★★★
ちょっぴり参考になったかも~と言って下さる方は、ココをクリックして下さると嬉しいです。


2009.11.12|● 知っているようで知らない言葉||TOP↑
カテゴリ
いい会社って?のヒントになりそーな書籍
こんなヤツがカキカキしてまーす

ストラくん

Author:ストラくん

QRコード
QR
中小企業向け支援情報
検索フォーム
アクセス解析

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。