「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?スポンサー広告
> 「マーケティング」に対する誤解を解けば、売れる仕組みが見えるかも> 「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?● 知っているようで知らない言葉
> 「マーケティング」に対する誤解を解けば、売れる仕組みが見えるかも
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
唐突ですが・・・
「マーケティング」って言葉を聞くと、皆様は何を思い浮かべますか?

市場調査(マーケティングリサーチ)とか?
それとも、販売することとか?
それともそれとも、宣伝(プロモーション)することとか?
よく聞く仕事と言えば、マーケティング営業とか・・・

うーむ・・・、実は私も昔はイマイチよくわかっていませんでしたが・・・
実はそれってば・・・、ちょっと違うようです・・・。
(全くの間違いというワケじゃありませんが)

そのような誤解があるが故に・・・

一生懸命頑張りまくってるのに、売上が上がらないっつー企業も多いように感じてたりなんかします。
そして、そのような誤解があるが故に、意図せずお客さんが流出してしまっているっつー企業も多いように感じてたりなんかします。
(新規顧客獲得にかかるエネルギーは、既存顧客の維持の5倍はかかると言われてるんですけどね・・・)

また、「顧客が感じる良い会社とは?」カテゴリーにエントリしている記事にもかなり関係するんじゃないのかなーって感じてたりなんかします。

ってなワケで・・・!
普段から何気なく使ったり聞いたりはしているけど、わかっているようで実はイマイチわかっていない「マーケティング」に関することついて、自分自身の反省 & 戒めも兼ねて少しばかりカキカキしてみよーかと。


● マーケティングとは?
マーケティングの神様であるコトラー大先生によると、「交換」ってことらしいっす。
つまり、企業がつくった製品やサービスを消費者がお金と交換する。
となると、顧客に「お金を出してでも欲しい!」と思ってもらえないと、交換してもらえない。

だから企業は、「顧客ニーズを製品やサービスというカタチにするのが大前提!」で、そうじゃなきゃー「マーケティングとは言えない」ってことですよね・・・。
(後述してますが、実はコレってかなーり大変なことなんですけどね・・・)


● ニーズとは?
「ニーズ」って言葉の意味ぐらい、知ってらー!
って方も多いとは思いますが・・・
でも、ニーズって言葉も意外と誤解があって、わかっているようで実はイマイチわかっていない類に入るんじゃーないかなーと、個人的には感じてますので一応カキカキしておきまーす。
そうでないと、「顧客ニーズを製品やサービスというカタチにするのが大前提!」ってのまで誤解する羽目に陥っちゃうので・・・。

実は・・・
日常的に使っている「ニーズ」には、以下のような2つの意味がごちゃ混ぜになっているんじゃないかなーと感じてます。

・ウォンツ
顧客自身が、何を欲しているかわかっている。
例えば、パソコンが欲しいとか、本が欲しいとか、掃除機が欲しいとか、カルボナーラが食いたいとか、髪の毛を切りたいとか何を欲しているのかが明確ってこと。

・ニーズ
顧客自身が、何を欲しているかわからない。
つまり、こーゆー状況なんだけど、何をどうしたいかがわからない、何が足りないのかわからないってこと。
例えば、ハラ減ったけど何が食べたいのか顧客自身にもわからないってこと。

先述した「顧客ニーズを製品やサービスというカタチにするのが大前提!」というのは、
言い換えると、「顧客自身にも何が欲しいのか何が足りないのかわからないモノを、創造して製品化せよ」ってことですね・・・(汗)。
それってめちゃくちゃ大変なことですが、それをやらないと「交換」してもらえない = 売上にならないってことで・・・。


● マーケティング・コンセプトとは?
「ウチはこんな風な姿勢で、製品やサービスをお客様に提供するよーん」って考え方のこと。

① 生産志向
生産力重視で、「品質がイマイチだろーが何だろーが、とにかくつくりさえすれば売れる」って考え方。
売りたい人よりも欲しい人が上回っている時は、コレでも売れるには売れるようですけどね・・・。
よって、コトラー大先生的には「マーケティング」とはちょっと違うようです。

② 製品志向
品質力重視で、「良いものさえつくれば、売れる」って考え方。
品質という面では生産志向より進んでるかもしれませんが、「良いもの = 自社にとって良いもの」的な考え方。
なので、顧客の気持ちよりも売る側の技術ばっか全面に出ている考え方とも言えますよね・・・。
よって、コトラー大先生的には「マーケティング」とはちょっと違うようです。

③ 販売志向
販売力重視で、「とにかく売り込みまくれ」って考え方。
顧客にニーズがあろーがなかろーが、そんなもん調べるヒマがあったら売り込みしまくって、とにかく売れればそれで良いって考え方。
よって、コトラー大先生的には「マーケティング」とはちょっと違うようです。

④ マーケティング志向
「お客様が欲しいと思うものをつくって売る」という、所謂マーケティングの考え方。
そうしようと思うと、当然のことながら、お客様が何を欲しているのか調査する必要があるってことで・・・。
売りたい人よりも欲しい人の方が上回っている今の時代、最低限必要なこととも言えますよね・・・。

⑤ 社会志向
「直接のお客様のことだけじゃなく、社会全体のことも考える」って考え方。
つまり、いくらお客様が欲しいと思っている良い製品やサービスであったとしても、環境面や教育面などをはじめとして社会全体のためにならないんじゃーダメってこと。

⑥ 顧客関係性志向
「一人ひとりのお客様のことまで、よーく知って考えて、長期的に満足し続けて頂く」って考え方。
例えば、美容院なんかだったら、何ヶ月に一度来店するお客様で、どういう髪型や話題が好みなのかなど、一人ひとりのお客様のお好みに合わせたサービスを提供するとか。
一人経営者の場合ならナントカなるかしもれませんが、ある従業員は知っていても他の従業員は知らないってことになったりすると、お客様の信頼が一挙にガラガラと崩れるモノ。
なので、ITなんかを利用して、お客様に関するデータを蓄積して全社的に活用するって仕組みが不可欠になっちゃいます。


実は、コレってば「変遷」だったりします。
例えば、「何のため & 誰のために営業するんだろうか?」 でカキカキしたような営業のやり方しかしていないとすれば、③で止まってる or ③しかやっていないっつーコト。
つまり、ターゲット顧客が⑤まで求めているのに③で止まっていたら売れないのは当たり前ってコト。
いや、売れないどころか単なる迷惑行為でしかない = 企業イメージが悪くなる可能性も。

んでもって、①~⑥までは足し算的な考え方です。
つまり、顧客関係性志向がバッチリなら、販売志向が不要ってワケじゃーないって考え方です。
となると、こんなチェックリストなんかをつくってみて、売れない原因をしっかりと探って改善してみるのもアリかもしれませんね~。(^^)
(自画自賛を防止するためにも、自社だけじゃなくお客様にも聞いてみるとかw)

自社の考え方 ウエイト 5段階
評価
点数
生産志向 1 5 5
製品志向 2 4 8
販売志向 3 5 15
マーケティング志向 4 1 4
社会志向 5 0 0
顧客関係性志向 6 1 6
総合点 36点(38/105)



いずれにしろ・・・

「全てはお客様のため」
「顧客第一主義」
「お客様のニーズが一番大事」

なーんて耳障りの良い言葉を並べ立てているけど、実際は全く違うことをやっているって会社って実は結構多いのかも・・・。

表向きは「顧客のため」と言いつつ、儲けることそのものが目的になってしまい・・・
(手段の目的化とも言うw)

「社会及び会社への貢献」という名の下、従業員さんに犠牲を強いることで、
社内的には「ブラック企業になっちゃってる会社」って実は結構多いのかも・・・。
社畜化しているとも言うw)

それって、良い会社とは到底言えないんじゃーないでしょうか?

不景気の今だからこそ、しっかりと見直す。
それが、「不景気という機会を活かす」コトにつながるのかもしれませんね。(^^)
(私も見直してみよーっと♪)


(独り言)
うおおおおおぉぉ・・・、もう11月が1/3終わっちゃってる・・・!!
ってコトは、2009年度ももうすぐ終わっちゃうってコトで・・・(汗)。
うーむ、今年もあっという間だ・・・。 o(><;)(;><)o

んでもって、もう一つ気がつけば・・・

このボログを立ち上げて2ヶ月ホドが経っちゃいました~っっ。(^^)v
少なくとも2ヶ月間は毎日更新しようと誓ってましたが、飽き性なのによくもまぁ続いたよなーと我ながらビックリ。

こんなボログなのに、RSSリーダーに登録して下さっている方、ブックマークして下さっている方、その他、わざわざご訪問頂いている方!
本当にありがとうございますぅぅぅ。
こんなヤツですが、これからもお付き合いしてやって頂けると嬉しいです。<(_ _)>

で・・・

見込生産とは言えども、毎日の更新はさすがにきつくなって来た今日この頃。
ってなワケで、更新のペースを少しばかり落としまーす。
根性ナシで、ゴメンナサイ。

あ・・・、でも・・・
見放さないでやって下さいねー(懇願)!!



★★★ランキングに参加しています。★★★
ちょっぴり参考になったかも~と言って下さる方は、ココをクリックして下さると嬉しいです。


2009.11.09|● 知っているようで知らない言葉||TOP↑
カテゴリ
いい会社って?のヒントになりそーな書籍
こんなヤツがカキカキしてまーす

ストラくん

Author:ストラくん

QRコード
QR
中小企業向け支援情報
検索フォーム
アクセス解析

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。