FC2ブログ
「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?スポンサー広告
> ブラック会社と叩かれたり泣かされたりしないための第一歩かも> 「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?関西限定!厳選セミナー情報
> ブラック会社と叩かれたり泣かされたりしないための第一歩かも
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
労働法っつーのは、労働に関する法律の「総称」のコトっすよね~。

つまり、「労働法」という法律自体は存在しないものの、

「雇うこと・雇われること・働くことなどなど、労働に関係する法律をせぇーんぶひっくるめて労働法」

って呼ばれてますよね~。

その労働法の中に、

・労働基準法(労基法):
パートやアルバイト、派遣や正社員などの雇用形態に関係なく、労働条件や賃金、休暇、解雇、安全など、労働に関して最低限守らなければならないルール

・労働者派遣法(派遣法):
ハケンというカタチで働く人の権利を守るためのルール

などなどの、使用者側にとっても労働者側にとっても、思いっきり関係するたくさんの労働に関する法律があるって位置づけっすよね~。

でもね・・・、労働法ってね・・・

経営者側にも、労働者側にも、
あまりにもあまりにも知られていない


んじゃーないかなー???
なーんて、感じたりなんかしないっすか~????
(労働法に限らず、法律って全部そうなんじゃー?ってツッコミはなしにしてやってねw)

コレって、ブラック企業が増えたい放題になっちゃう原因の一つなんじゃないかな~???
なーんて感じてたりなんかします(泣)。
(ウチのボログでも時々カキカキしている通り、他にも原因はあるでしょーけど・・・)

でね・・・
身近な法律のハズなのに、知られていない原因の一つってのがね・・・

労働法について、学ぶ機会がめちゃ少ない

からなんじゃーないかなー???
なーんて感じてたりなんかするんですが~・・・(汗)。

それってホントかなー???
もしかして、私が知らないだけかなー???

なーんて思ったので、知人の社労士さんに聞いてみたらこんなお返事ですた。
(この社労士さんは、「無能社員、問題社員を切る専門家」が人事コンサルタント???」って記事を見てマトモな意見を下さった方の一人っす♪)

・そもそも、労働法をゼロから体系的に、且つ、やさしく学べる機会が殆どない
・経営者向けの研修は一応あるが、スポット講座なので体系的に勉強するのはムズイ
・労働者向けの研修は、耳にしたことがあまりない
社労士会では、無料相談はやっているが、無料研修などは私の知る限りやっていない

ナルホド・・・

こりゃー、経営者側も労働者側も労働法を知らなくて当たり前かも・・・(滝汗)。
たとえ経営者側が、労働法を守りたいって思っていたとしても守れないのも当たり前っちゃー当たり前の話かも・・・(滝汗)。
「労働法?それがどした?ワシが会社のルールじゃー!」って経営者は別として・・・)

んでもって・・・
労働者側が、自分の身を守りたくても守れないのも当たり前っちゃー当たり前の話かも・・・(滝汗)。

そーゆー状態だと・・・

労働者側だけが労働法を知っていたとすると・・・
例えば、不当な解雇だと労働者側が訴えたとしても、経営者側は意味不明になっちゃうだろーし。

経営者側がだけが労働法を知っていたとすると・・・
例えば、「解雇だと転職に不利だよね?だから辞表書いて」なーんてムチャクチャ言われても、「そーか、そんなもんなのかー」などと言われた通りにやる羽目に陥っちゃうだろーし。
(労働者側がそんなコトやられた日にゃー、失業してから国民健康保険の軽減措置も受けられなくなっちゃうじゃん・・・)

経営者側も労働者側も労働法を知らなかったとしたら、なーにが正しいのか当事者だけじゃーわからんだろーし。
そーすっと、当事者だけで解決するのはまずムリだろーし。
ヘタすりゃー泥沼裁判なんかになっちゃって、経営者側も労働者側も多大な労力やら時間やらカネやらを使う羽目に陥っちゃう可能性だってあるだろーし。
(誰も嬉しくないよな・・・、こりゃ・・・)

んな状態だと・・・

「無能社員、問題社員を切る専門家」が人事コンサルタント???」に登場したとんでもねぇー士業なんかに、骨までしゃぶりつくされちゃう可能性だってあるだろーし。
(とんでもねぇー士業なんかに、儲けさせる隙をつくってしまっちゃうとも言うw)

逆に言うと・・・

経営者側も労働者側も両方、労働法について知っていたとしたら・・・
んでもって、経営者側も労働者側も両方、労働法をちゃんと守って行動してたとしたら・・・

マトモな企業も、増えるんじゃないかな~???
マトモな士業さんも、増えるんじゃないかな~???
いい会社づくりにも、つながるんじゃないかな~???

経営者にとっても、労働者にとっても、取引先にとっても、社会にとっても、いい会社が増えるんじゃないかな~???
外国人から見ても日本人から見ても、日本っていい国だねーって言われるようになるんじゃないかな~???


なーんて、感じたりもします。(^^)v


ってなワケで・・・!!

労働法について、体系的に知るいい機会だな~っっ♪
って心底感じた研修について、ちょっち紹介してみよーかと。(^^)/


===ココから===

● 講座名:平成22年度 大阪労働大学講座

● 受講対象者:
労働組合員・企業の人事労務担当者・労働問題に関心のある方
※「労働問題に関心があれば誰でもOK」なので、パート・アルバイト・派遣、個人事業主、失業者などなどもモチロン参加可能っす

● 受講申し込みの締切日:
平成22年6月14日(月)まで

● 開催期間:
※前期講座だけの参加も可能っすよんっ

・前期講座 (講義形式) 
平成22年6月14日(月)~9月24日(金)
※週に2回程度の講座
※試験日を除いて、全22回
(各講座ごとに試験あり ← 試験に合格していないと後期講座が受けられないとも言うw)

・後期講座 (ゼミ形式)
平成22年11月初旬~平成23年1月下旬(予定)
※週に2回程度の講座で、全20回

● 講義時間:
前期講座、後期講座とも18:30~20:30
※但し、6月14日(月)は開講式があるため、18:30~開講式、19:00~21:00が講義

● 会場:
エル・おおさか(大阪府立労働センター)

● 会場最寄り駅:
・京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
・京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
・JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

● 受講料:
・前期講座は18,000円
・後期講座は25,000円
※別途書籍代要(前期講座の場合、多分1,000円程度)
※5名以上同じ事務所・団体で受講される場合は受講料が1割引
※労働組合員を対象に、奨学金制度あり

● 詳細:
平成22年度大阪労働大学講座概要
平成22年度大阪労働大学講座カリキュラム(前期講座 科目・講師一覧)

===ココまで===


【補足】
● 聴講も可能っすよんっ
フル参加がムズイよーなら、1回2,000円で聴講出来る講座もあるっすよんっ。
詳細は、平成22年度大阪労働大学講座カリキュラム(前期講座 科目・講師一覧)をご覧くらぱいな~っっ。
※但し、「*」がついている分だけっすけどねー

聴講申し込み(Webフォーム)
聴講申し込み用紙(FAX用のPDFファイル)

● 平成21年度の大阪労働大学講座レポ
去年の分についてレポをカキカキしてあるので、もうちょい詳しく知りたいなーって方は良かったら読んでやってくらぱいな~。(^^)
(受講経験者にしかわからん、ぶっちゃけトークとも言うw)

「労働大学講座のレポ(序章編 & 概要編1)」
「労働大学講座のレポ(概要編2)」


★★★ランキングに参加しています。★★★
ちょっぴり参考になったかも~と言って下さる方は、ココをクリックして下さると嬉しいです。

2010.05.24|関西限定!厳選セミナー情報||TOP↑
カテゴリ
いい会社って?のヒントになりそーな書籍
こんなヤツがカキカキしてまーす

ストラくん

Author:ストラくん

QRコード
QR
中小企業向け支援情報
検索フォーム
アクセス解析

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。