FC2ブログ
「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?スポンサー広告
> 「日本でいちばん大切にしたい会社」から、「いい会社」を考えてみる(1)> 「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?書籍・TV・サイトなど
> 「日本でいちばん大切にしたい会社」から、「いい会社」を考えてみる(1)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
前々から、ずぅーっと読みたい!って思ってた本がいくつかあるんですが・・・
図書館で予約をしたものの、なかなか借りられずにずぅーっと心待ちにしていた本がいくつかあるんですが・・・

などと、「リストラなしの年輪経営」の記事でもカキカキしてしましたが・・・

最近この手の本ってば、図書館で借りようと思っても、予約満杯で借りるのが結構大変だったりします・・・。(^^;)
(だったら最初っから買えよ!ってツッコミはなしにしてやってくらぱいね~)

それだけ、「いい会社」を求めている人が多いっつーコトなのかもしれませんねー。
(この手のキーワードで検索して訪問して下さる方も、かなーり増えてるし・・・)

ソレって・・・

「いい会社」が、それだけ世の中に少なくなって来ちゃっているとか・・・

「いい会社」にしたいなーと思ってはいるものの・・・
どんな会社なら「いい会社」って言えるのかなどが、イマイチよくわからないから探しているとか・・・

「いい会社」で働きたいなーと思ってはいるものの・・・
自分にとっての「いい会社」ってのが不明確なまま、「いい会社」を探し続けているとか・・・

そーゆー「迷い人」なんかが、増えているとも言えるんじゃーないかな???

なーんて感じたりもします。
(ウチのボログが、全然お役に立ってなかったらゴメンナサイ(滝汗))

んで~・・・

今回、やっとこさ借りられた本はっつーと、コレっすー。
(他にも予約中で心待ちにしている本が、いっぱいあるんだけどね・・・)

「日本でいちばん大切にしたい会社」

いや~っっ、「リストラなしの年輪経営」同様、

心が洗われて、ほのぼの~っっと出来て
どーすりゃー日本がよくなるのかなどなどを、
日本社会全体(「全体最適」とも言うw)の観点から、マジに考えてみたくなる機会が得られ、
前向きな行動がしたくなる

って感じで、お気に入りの一冊になっちゃいました~っっ♪
うーん、早く「日本でいちばん大切にしたい会社2」も読みたいっすーっっ。
(図書館にて予約中っすw)

んでー
どーんな「いい会社」が紹介されているかっつーと・・・

主だったところでは、こんな会社でした。
(他にもありますよんっ)

日本理化学工業
伊那食品工業
中村ブレイス
柳月
杉山フルーツ

「カンブリア宮殿」ってTV番組なんかでも取り上げられたコトがある会社も混ざっているので、社名自体は知っている方も多いんじゃーないでしょーか?

でもね・・・

だからこそ、ちょっと怖いところもあるんですけどね・・・
仕事柄とは言えども、悲しい性分だとは思うんですけどね・・・

「ウチは、とってもいい会社ですよー」

などと、如何にも耳障りの良いコトを謳いつつ・・・
世間ウケする良いコトを言いつつ・・・

「こんないい会社があるんですよー」
「だから、是非ご紹介したいんですよー」

などと、如何にも人様の役に立つ良いコトしてますよーってのをアピールしつつ・・・
損得勘定からじゃーなく、世の中に役立つ良いコトやってますよーってのをアピールしつつ・・・

実際はっつーと・・・

「イメージアップ = 宣伝になって儲かるから」

などの、スケベ心を持つ「良い会社」も、残念ながらいっぱい存在するので・・・
言ってるコトと、やってるコトとが全く違うって会社も、残念ながらいっぱい存在するので・・・
(その内、気が向いたら一例を紹介するかもしれませんがw)

んなワケで・・・

疑問を持つコトなくただ鵜呑みにするとか、盲目的 & 短絡的 & 全面的に信じ込むってのは危険

なんじゃーないかなー・・・などとも思いますが・・・(汗)。

※このボログも、「ご自分で考えてみるためのひとつの機会」として使ってやってくらぱいね~、お願いだから短絡的に信じ込まないくらぱいね~(懇願)

※「いい会社」と「良い会社」って、何がどう違うの???などと疑問に感じた方は、
「「リストラなしの年輪経営」から「いい会社」「良い会社」を考えてみる」って記事も、
読んでやってもらえると嬉しいっす~っっ



なーんで、そーゆー風に水をぶっかけるようなコトを言うかっつーと・・・

たとえば、「カンブリア宮殿」などをはじめとするメディア類なんかで取り上げられた企業の中でも、

実態はっつーと、とんでもねぇーぐらい有り得ねぇーコトを裏で平気でやらかしている「ブラック会社」

ってのも、存在するので・・・(マジっすよ)。
コレって、めちゃめちゃ残念ですよね・・・(涙)。
(カンブリアとかこの本とかで紹介されている会社も全部そうだ!って言ってるワケじゃーないので、決して誤解しないでくらぱいね~(汗))


とは言えども・・・

ホントのホントだとしたら、「いい会社」だなーっって思っちゃいました~っっ。(〃▽〃)
こーゆー「いい会社」が、もっともっと増えれば、日本もいい国になるだろーなーって♪

んでもって、やっぱ・・・

「三方よし」って大事だなー

って改めて痛感っすー。
(ウチの理念でもあるので、改めて襟を正すヤツ(汗))


ってなワケで・・・

本の中で紹介されている会社が「いい会社」かどーかなどなどについては、ご自身で考えてみるのがいいかな~って思ってるっつーコトもあり~・・・
(会社そのものを宣伝する気は全くなし!とも言うw)


このボログ上では、

「ううーん、名言だなーっっ」

て感じたものを、この本の中から独断と偏見で選んで、いくつか一部抜粋でご紹介してみよーかと。(^^)

と言っても・・・
名言だらけなので選ぶのにめちゃめちゃ困ったケド・・・(汗)

特に、

「ブラック会社」をはじめとするこんな声の経営者とか、
労働者を困らせ、こんな声なき声を無視する経営者とか、
「下請いじめ会社」をやらかす経営者とか、
「スケベ心優先」で、「困っている経営者の足元を見て、危機感を煽って、たんまりと金をふんだくる」ような、
「自称コンサルタントやコンサルティング」をやっている方

などなどに、読んでもらえると嬉しいな~って観点から選んで紹介してみま~すっっ♪
(自らへの戒めも、モチロン兼ねてまーす)


===ストラくん厳選!独断と偏見の名言集一部引用開始===

日本でいちばん大切にしたい会社とは?
日本でいちばん大切にしたい会社とは、

弱者の側に立った、人間の尊厳を高め、守ることに役立つ製品をつくっている会社

だと考えています。

そんな会社を、本当に大切にしたいと思うのです。


経営者がする「5つの言い訳」
① 景気や政策が悪い
② 業種・業態が悪い
③ 規模が小さい
④ ロケーションが悪い
⑤ 大企業・大型店が悪い

この5つの言い訳をする経営者は必ず、

「そこにわが社の業績が上がらない最大原因がある」
「変わるべき・変えるべきなのは外部環境である」

と言います。


そうした経営者は、いつの時代にも、これら5つの言い訳が口癖になっています。

そして、それらの経営者のもう一つの特徴は、

何よりも重視し、その実現を追及しなければならない社員や家族、下請け企業や顧客等の幸せに対する思いが総じて弱い・低い

ということです。


会社は、経営者や株主のものではありません
最近、多くの人が勘違いしているのですが、会社は経営者や株主のものではありません。
その大小にかかわらず、

従業員やその家族、顧客や地域社会など、その企業に直接かかわる全ての人々のもの

なのです。
だから国や県などの行政機関や商工会議所などが、「私的なもの」である会社を、政策、税制、金融、技術、さらには経営面で大きく支援しているのです。

会社は生まれた瞬間から、経営者やその親族などの一部のひとのものではなく、広く社会のものと考えるべき

なのです。
この点を理解していない会社の経営者が、非常に多くなっています。

どんなに高い技術を擁し、どんなによい商品を提供していたとしても、
「企業は社会みんなのものである」という根本原則を忘れ、

社会の公器としての責任や使命をないがしろにしている会社は、結局壊れていく

のです。


会社経営とは「5人に対する使命と責任」を果たすための活動
会社経営とは、

「5人に対する使命と責任」を果たすための活動

のことを、本当の「経営」と定義しています。

① 社員とその家族を幸せにする
自分が所属する会社に不平・不満・不信を抱いている社員が、どうしてお客様に身体から湧き出るような感動的な接客サービスができるでしょう?
お客様が感動するような製品を創れるでしょう?

ですからいちばん大切なのは、社員の幸せなのです。
社員と、それを支える家族の幸せを追求し実現することが、企業の最大の使命と責任なのです。

② 外注先・下請企業の社員を幸せにする
自分の会社の仕事をやってくださっている人々です。
それらの人々は、私にいわせると「社外社員」だからです。
「制服が違うだけのわが社の社員」なのです。

考えてもみてください。
下請と呼ばれる会社の多くは、数が少なくてあまり儲けにならない仕事、手間のかかる複雑な形をした商品の生産、納期の短いもの、スピードが速いもの、リスクの大きいもの、危険なもの、そんな仕事をやってくださっているのです。

そのような外注先の企業を、
「こっちは発注元で金を払っているんだから、どう扱ってもいい」
「仕事を出してやってるんだから、言うことを聞け」
と、まるで虫けらのように思っている会社がたくさんあります。
また、見積もりとは名ばかりで、一方的名指値低単価発注、見積書の利益の欄の記入も認めない発注者も決して少なくありません。

こんなことをしていたら、下請企業・外注企業の反発が強まることは目に見えています。
それら企業の発注者離れ、廃業で、結果としていちばん困るのは、発注者自身です。
だからこそ、下請企業・外注企業を大切にする経営が必要なのです。


③ 顧客を幸せにする
多くの経営学者や経営者から、
「お客様が3番なんておかしい。お客様は第一に決まっているじゃないか・・・」
と言われます。
しかし、私はそれは違うと思います。
というのは、市場を創造するのは誰かと考えると、その担い手は実は社員だからです。

会社の使命は、
「お客様のニーズに応える」
「お客様がほしいと思うものを創造する、提案する」
ことなのですから、お客様のニーズ・ウォンツにタイムリーに対応することが大事になります。

だからお客様も大事ですが、お客様のニーズ・ウォンツに対応する社員はもっと大事なのです。
お客様がいなければ、社員がお客様を創造すればいいのですから・・・。

自社への不平・不満・不信でいっぱいの社員では、感動とサービスを期待しているお客様に応えることなどできるはずがありません。
社員満足度を高め、外注企業の満足度を高めれば、必然的に顧客満足度も高めることができるのです。


④ 地域社会を幸せにし、活性化させる
地域社会、あるいは地域住民に対する使命と責任です。
会社の社会的貢献とは、お客様にとって、社員にとって、そして地域にとって存在価値のある、なくてはならない会社になることです。
地域社会に住んでいる方々が幸せを感じられるような存在になる使命と責任が、会社にはあるのです。

「地域のため」というと、多くの会社は「メセナがどうだ」とか「フィランソロピーがどうだ」ということをよく考えます。
しかしいちばん大切なことは、経営を通じての、企業市民としての日常的な活動だと思います。

地域社会や地域住民の幸せを中心に据えた経営を行えば、それは必ず、人々の心に響きます。
そこから感動の連鎖が生まれ、①から④のすべての人々が幸せになるのではないでしょうか。


⑤ 自然に生まれる株主の幸せ
その会社を資金面・資本面で支援してくれている人々に対する使命と責任で、これには大きく分けて2つあります。

1つは物理的なもの、つまり、株主配当といった現金的な見返りです。
もう1つは心的なものです。
これは、自分が保有している株の会社が、社員や顧客、さらには地域社会から尊敬され、愛されているかどうか、です。

資金や資本を提供してくれる株主がいなければ経営が成立しないのは事実ですが、5人目の株主は、これまで述べてきた4人と同列に考えるべきではありません。
というのは、株主の満足度を高めようと考えると、短期の業績や短期の株価の動向に一喜一憂してしまい、長期のスタンスに立った経営ができなくなってしまうからです。

これはとくに、中小企業の経営者によくみられる傾向です。
とかく、資本と経営を分けて考えられないため、経営者 = 資本家となってしまい、自分の利に走った挙句、社員や外注企業、さらには顧客の満足度が低くなってしまう経営です。



会社として最も大切なこととは?
多くの会社は①から⑤番の順番を勘違いしているから、失敗しているのです。
その勘違いは、組織のトップの資質と、その「決断」に原因があるといえます。
正しい決断をし続けていくには、ブレない正しい視点をもつことが大切です。

会社が今やっていること、これからやろうとしていることについて、
「儲かるか儲からないか」とか、「他社に勝つか負けるか」といった視点ではなく、

それが、

「正しいか正しくないのか」
「どんな判断をすることが社員のためお客様のため・地域社会のためになるのか」

などといった、会社がもっていなければならない正義感や倫理観に立って決断しなければなりません。


そのうえで、

「その決断にやましいところはないか」

を考えなければならないのです。


会社でいちばん大切なのは業績を上げることだといわれますが、それは違います。
業績を上げるのは会社を継続させるためなのです。


本当にいい会社とは、継続する会社です。
「業績が高い」といっても、

業績が上がったときに社員を雇い、業績が下がったときに社員の首を切るようなことを繰り返しているような会社は、長続きしないものです。


働いて初めて得られる幸福とは?
幸福とは、

① 人に愛されること
② 人にほめられること
③ 人の役に立つこと
④ 人に必要とされること

です。

そのうちの、

② 人にほめられること
③ 人の役に立つこと
④ 人に必要とされること

の3つの幸せは、働くことによって得られるのです。
働くことを通じて実現できる幸せなんです。


だから、どんな障害者の方でも、働きたいという気持ちがあるんですよ。


なぜ、社員の顔が自信に満ちてイキイキしているのか?
自分も社会に貢献しているんだという、思いがあるからだと思います。

一介の中小企業ではありますが、そこに勤めて、自分も弱者の役に立っている、社会の役に立っている、
という自負が、社員のモチベーションを高めているのではないでしょうか。


真の弱者とは?
私は常々、

「努力をしたくても、がんばりたくても、がんばれない人々が真の弱者で、がんばれるのに、がんばらない人々は偽物の弱者だ」

と考えています。
そんな偽物の弱者に手をさしのべる必要はないと思うのです。

たとえば、中小企業の方々から、よく
「格差の時代だ」とか、
「大企業が悪い」とか、
「おれたちは犠牲者だ、弱者だ」
などという言葉を耳にします。

私はそういう方々に「あなたが弱者ですか?」と聞くことがあります。

「あなたは2本の足で立っているじゃありませんか」
「あなたは自分の意思で歩くことも、立つこともできるじゃないですか」
「それでもあなたは自分自身を弱者と言うんですか?」
「まだ自分でできることがあるじゃありませんか?」

と・・・。


無理な成長は追わない
景気を追わない、流行を追わない、ということを意味しています。

無理な成長を追っていたら、不況になったときに社員をクビにしたり、賃金をカットしなければならなくなります。
それは、社員の幸せを奪うことになります。


「不況のときに社員を不幸にするのは正しいことではない」
「これはわが社の存在目的から外れる」

--こうした考え方があるから、同社は経営理念に、流行を追わない、景気を追わないと謳っているのです。


敵をつくらず、オンリーワンに
「敵をつくらない」ということは、喧嘩をしないということです。
喧嘩をしないということは、見積もりをしないということです。

それはどういうことかというと、オンリーワンをめざすということです。
この世になかった商品、他社ではできない商品、しかも、お客様のニーズ・ウォンツのある商品をつくり続ければ、敵などできるわけがありません。

ナンバーワンとか、ナンバーツーだから敵ができるわけです。
この世に一つ、その会社にしかできないというのであれば、喧嘩になりようがありません。
物真似をしたり、他社よりもっと安いものを、もっと品質のいいものを、という経営では、必ず敵をつくります。



会社の崩壊原因は、ほとんどが内部の問題
会社の崩壊の原因は、ほとんどが内部の問題です。
外の問題でつぶれた、という会社はありません。

「お客様が来ないからつぶれた」
「売上が減ったからつぶれた」
というのは、結果現象です。

内部のどこかに重大な問題があったからこそ、お客様は来なくなり、売上高が減少してしまったのです。
組織の崩壊は組織の生産性の問題、もっとはっきり言えば、社員の帰属意識ややる気の問題です。
会社に対する社員の不満・不平・不信感が、大きな原因の一つなのです。


===ストラくん厳選!独断と偏見の名言集一部引用終了===


いやーっっ、ホント名言ですねー!!(〃▽〃)

他者に求めるのは簡単。
自分で考えて、実際に行動にうつすとなると相当大変。
それもあって、ついつい他者に求める方に流れちゃう。

言うは易し、行うは難し。
継続は、もっと難し。

「当たり前のことを当たり前に実践し続ける」

というのが、如何に難しいか改めて痛感しました。

日常から心がけるコトはモチロンですが・・・
特に「心の雑草」が生えそうになった時に、何度も何度も読み返したいな~。

そして・・・

経営者としての自分自身にも、中小企業のお手伝いを行っている自分自身にも、常に問い続けたいな~。
そんな名言だなーって、心底感じちゃいました~っっ。(^^)v

だって・・・

「いい会社」が、もっともっと増えて行って欲しいですしね~っっ。
「いい会社」を、もっともっと増やして行きたいですしね~っっ。(^^)/

「いい会社」が増えない限り・・・

日本に未来はないって気も、ものすごーくしますしね・・・(滝汗)。
(「良い会社」ばっか増えても、日本は一向によくならないんじゃーないかなーとも言うw)


★★★ランキングに参加しています。★★★
ちょっぴり参考になったかも~と言って下さる方は、ココをクリックして下さると嬉しいです。

2010.04.02|書籍・TV・サイトなどコメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリ
いい会社って?のヒントになりそーな書籍
こんなヤツがカキカキしてまーす

ストラくん

Author:ストラくん

QRコード
QR
中小企業向け支援情報
検索フォーム
アクセス解析

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。