「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?スポンサー広告
> 「部下の力を引き出すメンター入門」に学ぶ> 「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?書籍・TV・サイトなど
> 「部下の力を引き出すメンター入門」に学ぶ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
「コーチングとメンタリングって、一体何がどう違うの???」
「コーチングは同等って印象だけど、メンターってもしかして上下関係があるって感じじゃね?」

そんな漠然としたイメージしか持っていなかった頃、こんな本を読んだコトがあったりなんかします。

その本はっつーと・・・

コレ。

「部下の力を引き出すメンター入門」

内容的には、こーんな感じっすー。


【メンタリングって何?】
・メンターは平たく言うと「指導者」で、社内で悩んでいる人や困っている人に的確にアドバイスして導く人
・一般的にメンター(上司)がメンティ(部下)に行う行為を、「メンタリング」と呼ぶ


【コーチングとメンタリングって何が違うの?】
・コーチング
仕事のスキルを中心にアドバイス
相手の悩みを聞きだし、具体的に指示
「褒めて伸ばす」が基本、母性的

・メンタリング
将来的な成長を見込んだアドバイス
相手の本音を聞き、尚且つ現状分析をし、モチベーションが上がるようなビジョンを語って方向性を示す
信頼関係が構築されていることを前提に、「時には厳しく叱る」こともある父性的


【部下育成の際に必要なコト】
・目先の仕事スキルで困っている部下も多いため、当然、コーチング的な要素も必要
・大事なのは使い分けで、部下がビジョンを欲しがっていればメンタリングが必要


【経営トップが今やらなければならないコト】
・社員一人ひとりをつぶさに観察し、マンツーマンのコミュニケーションを高める
・メンター的な素養のある人を見つけ、徹底的に教育し、社内で意図的にメンターをつくること


【企業内で求められているメンターとは?】
・コミュニケーション力に長けていること
・マクロな方向性を示すこと
・具体的なプロセスを明確にすること
・全人格的に部下と関わり、仕事だけではなくプライベートも支援すること


【メンターに必要な3つの資質】
・短期的成果を出すための「商人的資質」
・商品やサービスの品質にこだわる「職人的資質」
・育成・教育を重視する「教育的資質」
※3つの資質の「統合」が不可欠


【メンターが実践すべき部下育成のコツ】
・「人財2:人材6:人罪2」の組織の原理を理解した上で、人財をさらに増やし、人材を人財化し、人罪を減らすこと
・「人罪を減らそう」として、クビにしてもまた次の下位層が出て来てしまい、根本的な問題解決にはならないため要注意
・人財を徹底して伸ばすべし
・長所を伸ばせば、短所は改善される


実は、この本ってば・・・
私がメンタリングの「メ」の字も知らない頃に読んだ一冊なんですが・・・

その後、メンタリングの勉強をするきっかけにもなった一冊でしょーか。
お陰で、メンタリングに対する誤解も解けました~。(^^)v

経営コンサルタントの方が書いていらっしゃるコトもあり、色んな意味で参考になる一冊っす~っっ♪


★★★ランキングに参加しています。★★★
ちょっぴり参考になったかも~と言って下さる方は、ココをクリックして下さると嬉しいです。

2010.03.04|書籍・TV・サイトなどコメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリ
いい会社って?のヒントになりそーな書籍
こんなヤツがカキカキしてまーす

ストラくん

Author:ストラくん

QRコード
QR
中小企業向け支援情報
検索フォーム
アクセス解析

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。