FC2ブログ
「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?スポンサー広告
> 良い会社とは?について営業心理学とやらから考えてみる> 「いい会社」 「良い会社」って、どんな会社?書籍・TV・サイトなど
> 良い会社とは?について営業心理学とやらから考えてみる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
NLPとは、

「Neuro-Linguistic Programming」の略で、
日本語にすると「神経言語プログラミング」

というものらしいっす。
うーむ・・・、日本語にしてもピンと来ない(汗)。

そこで、ググってみた。
すると、

「ベトナム戦争の際に効果を発揮したとされており、心理治療の現場で使用され、のちにビジネスや教育などの分野でも応用された」
「しかし、その一方で、その効果の程度を疑う声もある」
「NLPはテクニックの一つにしかすぎず、NLPを学んだからといって必ずしも成功できるわけではなく、NLPが有効であるかは使用者次第である」

と、「Wikipedia」にはこう明記されていますた。

でもやっぱりイマイチよくわからない。
そこで、NLPトレーナーとやらの資格を持っている人にも聞いてみましたが・・・
おバカな私には、やっぱりイマイチよくわからない・・・。|(-_-)|

うーん、うーん、うーん・・・

そんな時に・・・

「NLPとは、人間の潜在意識に働きかけ、信頼関係を構築させるアプローチです」
「すでに米国では、政治家、経営者、弁護士、公認会計士、営業職など、あらゆる交渉・折衝ごとにたずさわる人のコミュニケーションツールとして確立されています」

との説明がある一冊を偶然見つけますた。

そーか、NLPってコミュニケーションツールなのか~
それも、交渉や折衝に携わる人にとって役立ちそうなツールなのか~
そーか、そーか、それなら仕事柄、知っておきたいよな~

と感じたので、さっそく読んでみますた。
で、読んでみたその本はっつーと、コレ。

「「あなたから買いたい」と言わせる営業心理学」

内容的には、こーんな感じ。

・人は、知らない人や場所には警戒心を持つ
・人は、自分と他者の違いを探す
・人は、過去の嫌な体験に反応する
・営業マンは、すぐに売り込んでくる
・人は、信頼関係のある人の話は受け入れる
・同意の雰囲気をつくる
・反論を受け止める
・意見を受け入れてもらう
・会話をスムーズにする
・競合をけなさず、他社製品を認める
・服装で演出する
・ニーズには、利益・メリットで応える
・課題・問題をつかむ
・お客様の本当に欲しいもの
・お客様のためらい
・なぜ反対・反論が出てくるのか?
・商品に詳しくても売れない理由
・6つの質問の使い分け

うーん・・・、言っているコトは至極真っ当。
当たり前っちゃー当たり前のコト。
うおぉーコレってやっちゃってるかもー、自分自身も気をつけないとなーって、反省させられる点も多かったです。

が・・・!

何やら違和感が・・・(汗)

NLPトレーナーとやらをやっている人を見てしまっているせいか・・・
その人を知ってから、この本を読んじゃったせいか・・・
(先入観を持っちゃーダメなんですけどね・・・)

読んだ本が、たまたまマニュアルちっくだったよーに感じてしまったせいか・・・
逆に、押し付けがましく感じてしまったせいか・・・

「テクニックに走りまくって、表面だけ良くしても意味ないんでね?」

って、危機感も少しばかり持ちました。
たまたまこの人 & この本だけだとは思いますケドね・・・
※NLPそのものを否定してるワケじゃないので誤解しないでね

いやなに・・・
そのNLPトレーナーとやらをやっている人と話していると、NLP理論をマニュアル視し過ぎているのか、完全にその通りのマニュアル会話ってコトが多いもんで・・・(悲)。

つまり・・・

「上っ面の小奇麗さだけをマニュアルに沿いまくって話しているせいか、ご本人の考えや本音が見え難い = かえって信用出来ない」

って感じるコトが多いもんで・・・(寂)。

テクニックは、あくまでもテクニック。
ツールは、あくまでもツール。
道具は、あくまでも道具。

これらはあくまでも、手段の一つ。
だから、手段の目的化は本来有り得ない。


そーゆー意味では、本だって、試験だって、資格だって、普段作成している書類だって、儲けるコトそのものだって、
IT(ICT)だって、
鉛筆や紙だって手段の一つと言えるんじゃーないでしょーか?
となると、それらを持つコトや使うコト、つくるコト自体が目的には成り得ないんじゃーないでしょーか?

なーんにも考えずにそれをただ真似て使うんじゃーなく・・・
状況に応じて、相手に応じて、必要な時に必要なだけ自分なりにアレンジして活用する。


何でもそーでしょーけど、特に手段だからこそ「過ぎたるは猶及ばざるが如し」を肝に銘じる・・・

それを可能にするためにも、「ブレない軸」を常にしっかりと持つ。
(会社なんかで言うと、経営理念とかビジョンって感じかもw)


それってムズイけど、ものすごーく大事なコトなのかもしれませんね。
それが、良い会社となる第一歩なのかもしれませんね。


この手のノウハウ・テクニック本って、全く読んだコトがなかった私ですが・・・
こんな風に、いつもとは違った気づきが得られるかもしれないので、たまには読んでみよーかと思っちゃいました~っっ。(^^)v
(反面教師にもなるコトもあるんじゃーないかとw)



★★★ランキングに参加しています。★★★
ちょっぴり参考になったかも~と言って下さる方は、ココをクリックして下さると嬉しいです。

2009.12.25|書籍・TV・サイトなど||TOP↑
カテゴリ
いい会社って?のヒントになりそーな書籍
こんなヤツがカキカキしてまーす

ストラくん

Author:ストラくん

QRコード
QR
中小企業向け支援情報
検索フォーム
アクセス解析

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。